論理エンジン勉強法サイト。国語の成績をアップさせる論理的な勉強法が論理エンジンです。

「なるほど、こうやれば成績は上がるのか・・・・。」

■「論理エンジン」でわずか2ヶ月で偏差値13アップさせた方法」はこちら
こちら

論理エンジンで国語の成績をグングン上げた方法

「なるほど、こうやれば成績は上がるのか・・・・。」

堀先生
 この度は、無事娘が○○高校に合格することができました。
これも、先生の熱意あふれるインターネット授業と毎日毎日して下さったファックスのお陰です・奥様にも何度も何度もファックスを送って頂きました。

orei.jpg

本当にありがとうこざいました。
  あの国語のできない娘をあそこまで引き上げてくださったり、英語、数学など何回も同じ問題をフッァクスでていねいに添削していただいたでしょうか。
色々と本当に思い出します。

  この1年間本当にお世話になりました。これからの堀先生のご活躍をお祈りしています。
 それから堀先生は、激務ですのでお身体大切になさって下さい。取り急ぎお礼まで申し述べます。

論理エンジンで成績を上げたいあなた様へ


 はじめまして。私は「インターネット学習塾」をやっています、学習ジム・コーチの堀と申します。私は実際に塾の現場で、またインターネットを使って生徒を10年以上指導していますが、最近、生徒を指導していて感じることは、

「国語力の弱さ」

です。しかも、この「国語」という科目の難点は、

「すべての科目の基礎」

となっている点です。 私の指導している現場でも、

例えば、

英語の学習で長文を読んでも、日本語で書くのが苦手
理科や社会の勉強をしても成績が上がらない


など、ほとんどが、その科目の問題よりは、実は

「本人の国語力=本文を読み取る力が不足している」

ということに原因があるという問題が起こってきているのです。それでは、実際の例を紹介してみますね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
実例その1 「数学の文章題の文章が読めない生徒」
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ある数学の時間・・・方程式の文章題で・・・

私  「それでは、方程式を解いてみよう。じゃ、次の文章を読んで。」
生徒「先生、わかりません。」

私  「それでは、これを式にしてみましょう。」
生徒 「先生わかりませーん。」

私  「どこがわからないの。」
生徒 「先生、この問題のいっていることがわかりませーん。」

私  「ちょっと問題を読むよ『ある数を5倍すると、もとの数に2を足したものと同じになります』。」
生徒 「先生この『もとの数』って何ですか?」

私  「ある数のことだよ。」
生徒 「問題の日本語の意味がわからない!!!」

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
実例その2 「時制がわからない生徒」
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ある英語の授業での話。英作文の問題で・・・・

私  「ここ間違っているよ。」
生徒 「どこが。」

私  「ここは、トムは、勉強をしました。と過去形になっているでしょ。」
生徒「過去形?」

私  「だから、『~した』というと現在のことではなく、過去のことだからedつけるの」
生徒 「うん。わかった。」

私  「じゃ、彼は野球をしましたは?」
生徒 「He play baseball.」

私  「だから、『~した』は過去形。過去の話。」
生徒 「先生、過去とか現在とか言葉の意味がわからない。」

私  「・・・・・」


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
実例その3 「自分で考えない生徒」
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ある高校生の話・・・

生徒「先生、ここの意味がわからないんだけれど・・・。」
私  「わからないことは教えるけれど、自分で考えた?」

生徒「だってこの説明の部分が難しいんだもん・・・。」
私  「ほら、ここの説明をまず読んで・・・・。」

生徒「だって、何か文字が多いと読む気がしないんだもん。」
私  「中学のときはどうなの?」

生徒「塾の先生が全部解説してくれたもん・・・・。」
私 「・・・・」


こういった「自分で考えない」「理解」をしないまま、勉強してきた生徒は、高校に入ってから伸び悩む生徒が多いのです・・・・。


実は、こういったことは、日常茶飯事なのです。それも、すべて子供の国語力の弱さです。いいえ、自分で頭を使って考えることの練習不足のためなのです。

さらに、この国語で問題なのが、生徒が

「日本語だから、勉強してもしなくてもあまり成績には変わりない」

という誤った考えを持っている点です。私が指導していて国語の勉強で悩んでいる多くの人の問題は大抵、以下のようなものです。

「国語の勉強のやり方がわからない。」
「国語は、センスだからやっても、やらなくても同じ」

「国語は、勉強しなくてもそこそこ得点が取れる。」
「国語だけが悪くて、全体の平均点を下げている。」

「国語の勉強は、やっても漢字と音読ぐらい。」
「読書ぐらいしか、国語の勉強方法は思いつかない。」
「国語は答えが決まっていないなから、難しい。」


などなど。そして、成績の上がる勉強方法がわからないから勉強もできないし、ましてや、闇雲に勉強しても「成績は一向に上がらない。」のです。

「どのように国語(現代文)の勉強をすれば成績が上がるのか?」

がわからなかったので、私も「国語は勉強しても大して上がらない」とそう考えていました。この「勉強方法」に出会うまでは・・・・。

それは、今まで、

「成績の上がらないまちがった勉強方法」

で指導していたからなんです・・・・。

私は、塾では、小学・中学の「算数・数学」を主体に指導しています。もちろん、ネット授業では、「英語」も指導しています。

ですが、本当のことをいうと、私が一番得意としていていた科目、好きな科目は、実は

「国語」

だったのです。

「えっー、じゃなんで国語をやらないの・・・。」

と思われそうですが、それは、

「国語が教えにくい科目」

だからです。例えば、私が、次のような問題を解いたとします。

「問題文を読んで、以下の中から最も適切なものを選べ。」

 ア.・・・・・・・・・・・・
 イ.・・・・・・・・・・・・
 ウ.・・・・・・・・・・・・
 エ.・・・・・・・・・・・・
 オ.・・・・・・・・・・・・

という問題です。私が、この答えを

 イ

を選んだとします。そして、結果は、

「正解」

です。しかし、最も大切なことは、私が正解することではなく、

「それでは、なぜそういう答えになったのか?」

という途中の具体的な考え方を生徒に説明することです。数学の場合でしたら、

「なぜ、そうなかったか。」

がきちっと、順序だてて説明できるのですが、国語の場合、

「自分が解けても、中々生徒に説明しにくい。」

からなのです。本当に今までは、

「それは、読めばわかるよ。当たり前でしょ。」

と自分のセンスだけで解いていました。だから、

「自分が解けても生徒は一向に解けない」

という状態だったのです。


ですから、国語の勉強法は、だいたい以下の4つくらいしか指導できませんでした。それは、

 1.音読

2.漢字の練習

3.語句の意味調べ、言葉の暗記

4.何となく問題集を解く

というものです。ですから、数学や英語のように、

「なるほど、こうやれば成績は上がるのか・・・・。」

という確信が持てなかったのです。もちろん、音読や漢字は基礎となるものですから、私の子供もやっています。しかし、それは、

「家庭でできるし、ひとりでも出来る」

ことです。「塾」で行う指導ではなかったからです。(当然ですが、簡単な漢字テストはやったりします。)


私が我流でやってきた国語の勉強法に行き詰まりを感じ、生徒達と同じように「国語の勉強法」に悩んでいたとき、書店で知り合ったのが、

「出口汪(でぐちひろし)先生」

の著書でした。
出口先生について簡単に紹介しますと・・・。

国語学習に徹底した論理的解法を導入し、受験生の頭脳に革命を起こした現代文指導者の第一人者。博士課程終了後、代々木ゼミナールを経て東進ハイスクール講師として、主に衛星予備校で大活躍。  現在は、SPSを主宰。また、テレビ、ラジオ、講演活動などの幅広い活動を行っている。講義内容は、決して派手ではないが、国語を論理的に説く方法わかりやすく説明してくれくれる。
deguchi.jpg
  著作として『現代文入門講義の実況中継シリーズ』『システム現代文シリーズ』など数十点に及ぶベストセラー参考書を執筆。また、最新ベストセラー『「源氏物語」が面白いほどわかる本』をはじめ積極的に一般書部門にも進出。今までの累計部数は300万部をこえている。

と、大学受験では、現代国語では、カリスマ的存在です。

実際に体験談を読むと

「国語の偏差値が、20アップした。」
「わずか、2か月で国語の偏差値が10アップした。」
「国語の勉強法がわかった。目から鱗です。」

など、疑わしい体験談(笑)がぞくぞく書かれているのです。実際に私も

(ほんとうかな~)

と思い、生徒に同じ方法でやってみたのです。すると、


ドッカーン!大爆発!


です。今まで国語の成績が上がらなかった生徒が、


「3ヶ月で国語の偏差値が38から54に高3」
「2ヶ月で国語の偏差値が28から52に中3」

そして、今回も


「2ヶ月で国語の偏差値が38から51に中3」

と、成績がアップしたのです。特にこの「論理エンジン」に出会って、このテキストを使うようになってからは、子供とはよく議論を交わすようになったのです。いいえ、

「子供が頭を使う」

ようになったのです。例えば、ある高3生の場合、

「先生なんで、この答えが「イ」になんの?」
「おかしいよ・・・。うーん。待てよ。」
「あっ、わかった。先生、接続詞の問題は100%合うようになった。ほらほら、早稲田の問題も合ったよ。」
「先生、今までこんなに国語の勉強やったことない。」

など、彼は、口の端に唾を貯めて、唾をかけるように話をするのです。本当に楽しそうに、また一生懸命に語ってくれるのです。彼とは、よく言葉のバトルをやりました。

 また、ある中3生は、黙々と問題を3回解いて、成績を上げていました。

それは、国語の問題を自分の感覚や、センスで解くのではなく、「論理的に解く」という風に切り替えたからてす。

つまり、数学や、英語のように、

「なぜ、この問題の答えがそうなったのか、説明できる」

ようになったのです。それでは、具体的にどうやったのか?その勉強方法とその効果については、以下のメールセミナーでお知らせします。

メールセミナーの内容は・・・・

第1回 「読書をしただけでは成績は上がらない?」
論理エンジンを使った学習法がなぜ加速するのか?

第2回 「国語の成績の上がらない子は、○○○が足らない。」
どんなテクニックを使っても上がらない子供に不足する、○○○とは?

第3回 国語の問題集は、闇雲に問いてもいけません。効果的なTwo ソード法とは?
国語の問題集選びにも、大切なポイントがあるのです。そのポイントとは・・・

第4回 国語が嫌い?なら、この方法で。
国語が苦手な子がやるべき、最短の成績アップの方法とは?

第5回 「わずか2か月で偏差値13アップ」論理エンジン活用法とは?
国語が苦手です・・・と7月に相談を受け、9月の模試で偏差値13アップした方法とは?

第6回 「定期テストで成績をイッキに上げるおでん串刺し法とは?」
学校の定期テストで効果の上がるおでん串刺し法とは?

以下のフォームに特別セミナー用にお名前/メールアドレスを記入、そして登録をクリックして下さい。(あなたのプライバシーは完全に保護されますので安心してください)6回にわたって、無料のセミナーが配信されます。







 無料!論理エンジン特別セミナー「わずか2ヶ月で国語の偏差値を38→51アップした方法とは」 メルマガ登録
メールアドレス: 
名前: 

【新着】論理エンジンのブログ


▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

論理エンジン勉強法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.ronriengine.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

論理エンジンのブログ