論理エンジン勉強法サイト。国語の成績をアップさせる論理的な勉強法が論理エンジンです。
論理エンジン勉強法 > > どっちが正しい?

どっちが正しい?


今回は、

「本文を読んでから、問題を解くのか?
 設問を読んでから本文を読むのか?」

という話をしますね。

  国語の問題だけではないのですが、
勉強で一番大変なのは何かというと、

 「時間との戦い」

です。

 私が指導していて困るのが、

 「時間があればもう少し解けるのに、
  時間がないために、十分に本文を読め込めないまま
  設問を解いている」

というもの。実際に中学受験の問題などは、
やたらと本文が長いですね。

 それで、

 「本文を読んでから、設問を見て解く」

のか、

 「設問を見てから解くのか?」

という質問を受けることがあります。

 結論からいうと、私の場合は、

 「過去問を見てから決める」

のです。

 実際に私の場合は、通常次のステップで解いていきます。

 【ステップ1】本文を1度読んで全体をつかむ
 【ステップ2】次の設問を見て本文を読み直す
 【ステップ3】設問を解く

といった感じです。

 ですが、この方法を毎回使うわけではありません。
例えば、

  1昨年私は「センター試験」の現代文だけを
 20年分追試も含めてすべて解きました。

  参考までに、センター試験は、
 
  80分 大問題 4問

 という構成になっていて、

   1問目 評論
   2問目 小説問題
   3問目 古文
   4問目 漢文

  となっているので、計算上では1問あたり20分になりますが、
  実際は

   1問目 評論     25分
   2問目 小説問題   20分
   3問目 古文     20分
   4問目 漢文     15分

  でないと解けないと思います。それで、それでも時間的には
  きついので、どういうふうに解くのかというと、

   【ステップ1】本文を読む
   【ステップ2】傍線部があったら、その1段落まで読む
   【ステップ3】設問を見て解く
   【ステップ4】2、3を繰り返す

   というのは、センター試験の小問は1~6あるのですが、
   1~5までは、同じ段落にほとんどヒントか答えが書いて
   あるので全部を読まなくても解けます。

    もちろん、ヒントがない場合は保留して次に進みます。
   最後の6だけは全体を読まないとわからないので、
   最後まで読んで答えます。

   そういう形で解くと、時間配分がうまくいきます。

   また、高校入試で公立高校の問題でも、本来は、
 
   「最初に本文を読んでから、解く」

   のですが、昨年解いた「東京都立高校の問題」についても、
   
   「本文を読みながら解いていく」

   と方法でやらないと普通の高校生では時間が足りません。
   また、都立の場合も、傍線部の前後にすべて
   ヒントが隠されていたり、答えがあるので、
   それで十分に解けます。

    ただ、作文が多いので、時間が足らなくなるので、
   選択問題はできるだけ素早く解く必要があるのです。

   最後に、中学受験の問題については、
   過去問を見てから判断しないといけません。

   早目に過去問を見てくださいね。
   それと子どもの読む時間とあわせて考えてくださいね。


子育てに役立つ勉強法、最新情報はこちらから配信してます。

↓↓↓↓↓↓

*マークの項目は入力必須です。
氏名* 
メールアドレス* 

この記事のタグ

▲このページのトップへ

論理エンジントップ

携帯版のQRコード

論理エンジン勉強法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.ronriengine.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

論理エンジンのブログ