論理エンジン勉強法サイト。国語の成績をアップさせる論理的な勉強法が論理エンジンです。
論理エンジン勉強法 > <010>論理エンジンについて > 論理エンジンと他の学習法の違い

論理エンジンと他の学習法の違い

私のところでは、このホームページが書かれている

「論理エンジン」

という勉強法を使って国語の成績を上げています。
で、最初のころは

「なぜ成績が上がるのかな?」

とわかりませんでした(笑)

とりあえず「論理エンジン」を使って、
指導していれば上がるのかな・・と。

で、今ならわかります。

「論理エンジンとは何?」

と聞かれたら、

「国語の成績をアップさせるのに必要な
 国語の解き方の手順書」

です。大切なのでもう一度書きますと、


「国語の成績をアップさせるのに必要な
 国語の解き方の手順書」

です。

 わかりやすい例でいいますと、
「料理」を作る場合、普段から作っている料理や、
みんなが作っている料理は何となくでも作れます。

例えば、「目玉焼き」。手順は次の通りです。

【ステップ1】フライパンの上の油をひく
【ステップ2】フライパンが温まったら卵を割って、鍋蓋をかぶせます。

もちろん、細かいとところでいうと、
油も通常の油でなく、マーガリンを使えばこげないとか・・、

蓋をするときに、水を少し入れるとか、
こげない。でも、入れない方がとか・・
きれいに目玉焼きができるとか・・・

まあいろいろあります。ですが、
それで料理はできます。

おいしいかどうかは別にして、形として、

「目玉焼き」

はできます。

今度は、今までに作ったことのない、

「おしいロールキャベツ」

を作るときは、見よう見まねではできないのです。

この場合は、きちんとして、

「料理のレシピ」

が必要なのです。もっとわかりやすくかくと、

「料理の手順書」

です。この料理の手順書が必要なんですね。
この「ロールキャベツ」でいうと、

例えばこんな感じです。

【ステップ1】

ボウルに冷たいままの合挽き肉、塩、
ナツメグを加えて手早くこねる。

【ステップ2】
みじん切りにしたタマネギ、パン粉を加えて、
サッと混ぜ合わせる。

・・・

当然このときには、

ひき肉 300g

とか、

塩 少々

とかいろいろあるわけです。
そして、その通り作っていけば、

「おいしいロールキャベツ」

が作れるわけです。

 通常は、「レシピ」通りに作れば、
「おいしいロールキャベツ」が誰でも作れます。

そして、料理が多少下手でも、

「おいしいロールキャベツ」

が作れるのです。

 では、国語の問題ではどうでしょうか?

今までの国語の解き方は、

「何となく・・・。」
「読書をたくさんして・・」

とか、料理でいう手順書なしで、

「いろいろやっていたら料理ができた。」

みたいなやり方でした。
確かにこの方法では、

「得点できるかもしれないし、
 できないかもしれない。」

のです。先ほどの「ロールキャベツ」でいうと

「なんとなくロールキャベツ」っぽいものはできますが、
本当に「おいしいロールキャベツ」はできないのです。

ではどうするのか?

それは、料理でいう「手順書」を国語の勉強でも
用意してあげればいいのです。

この「論理エンジン」では、

「国語の解き方の手順書(レシピ)」

が満載です。

 例えばこんな問題の場合はどうでしょうか?

(「論理エンジン」レベル44より)

==========================================================
(①)~(③)に入れるべき最も適当な語を
それぞれか次のア~オの中から選び、記号で答えなさい。

ア.そして イ.なぜなら ウ.また エ.むしろ オ.ところが
==========================================================

今までなら、何となく記号を選んでいた場合でも、
「手順書」があればその解き方はいつも同じで、
正確に解けます。

【ステップ1】まずは、選択肢を分類する

 呼応関係を持つもの・・・なぜなら

この「呼応関係」というのはついも決まりきった
言い方をします。

 「なぜなら~から。」

です。理由を表す場合は、必ず「~から。」と最後に
つくのでそれをチェックします。

 他にも

 「決して~ない。」

とか、

 「まったく~ない。」

なども知っていれば簡単に解けます。
選ぶときには

「文の中に『~から』『~ない』という言葉を探せばいい。」

のですから。他の語も意味を理解しておきます。

 比較・・・むしろ
 順接・・・そして
 逆接・・・ところが
 並列・・・また

【ステップ2】空欄の前後の文をチェックする。
【ステップ3】該当するものを入れる

と書いておけば、

 毎回毎回同じ手順で解いていくので、
その「手順」が身につけば、得点が上がっていくのです。

そう、「おいしいロールキャベツ」のように・・・。

ただ料理と同じで、最初は手順書を見ながらやりますが、
本番の入試や「テスト」ではその手順書を見ながら解くことはできません。

ですから、何度も何度も同じ問題を解いていくのです。

そして、

「解き方の手順」

を覚えていくのです。

 実際に

 「解き方の手順」を知りたい方は、
以下で1か月の「体験指導」をやっています。

 詳しくは以下をクリックしてください。

「論理エンジン体験コース」

この記事のタグ

サイト内関連記事

論理エンジンとは?
論理エンジンとは、大学受験のカリスマ講師で有名な出口汪(ひろし)先生が開発した、......
なぜ国語を勉強するのか?
このページでは、国語の勉強について、一番大切なお話をしますね。 よく生徒から質問......
なぜ国語に論理エンジンが必要なのか?
今回は、国語を勉強するのに 「なぜ論理が必要なのか」 という話をしたいと思います......
342人以上指導してきたプロが教える 「わずか2ヶ月で国語の偏差値を 38→51アップした方法とは」
無料!論理エンジン特別セミナー 「わずか2ヶ月で国語の偏差値を 38→51アッ......
「カレー」と「論理エンジン」
さて、国語を指導していて成績が上がる子の場合は パターンが決まっています。  「......

▲このページのトップへ

論理エンジントップ

携帯版のQRコード

論理エンジン勉強法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.ronriengine.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

論理エンジンのブログ