論理エンジン勉強法サイト。国語の成績をアップさせる論理的な勉強法が論理エンジンです。
論理エンジン勉強法 > > 国語が本当にできない子のやり方(小・中)

国語が本当にできない子のやり方(小・中)

国語のやっかいなところは、

「数学」「英語」

と同じで一番問題となるのが

「横型の科目」

というところです。

「横型科目」というのはわかりやすくいうと、

 高3
 高2
 高1
 中3
 中2
 中1
 小6
 小5
 小4
 小3
 小2
 小1

というように前学年の内容がわかった上で、
次の学年が理解できるいう科目です。

例えば、

 「河」「山」

という漢字が読めなかったり、意味がわからなかったら、
次の「山河」という意味はわかりません。

国語は「日本語」なので普段よく使っているためか、
「数学」「英語」に比べると非常に微妙ですが、
それでも

「小学校で習ったこと」がわからないと、
「中学で習うことがわからない」

ようにはなっています。

それの一番わかりやすい例が

「漢字」「語句の意味」

です。小学校の国語で習う、

「漢字」「語句の意味」

がわからないと、中学の教科書が読めません。
実際に高校生でも、音読をしてみるとわかりますが、
国語力がない場合は、

「まともに教科書が読めない」

ということもあります。

 そういう子は大抵、

「国語は昔からできないんです」
「国語はやっても無理なんです」

とどちらかいうと諦めムードで、
受験間近になって、

「国語が足をひっばるんです」

という相談になります。

ですが、国語を指導している私からすると、

「国語はきちっとやれば上がる。
 ただ時間がかかるので、
 スタートは早くする」

というが普通です。

 
 では具体的にどうするのかというと、

「学年を思いいっきり下げて、
 とにかく数をこなしていく」

ということをします。

というか今もやっています。

例えば、小6の子であっても、
小3、小4の基本からやります。

当然宿題も出しますが、

 1日6ページ~20ページ

です。子どもにいうと

 「げっ」

という感じだそうですが問題集さえ、
簡単なものを選べばできます。

 私が小学生、中学生の宿題にしているのが、
 以下に載せています。

  こちらです。

子育てに役立つ勉強法、最新情報はこちらから配信してます。

↓↓↓↓↓↓

*マークの項目は入力必須です。
氏名* 
メールアドレス* 

この記事のタグ

▲このページのトップへ

論理エンジントップ

携帯版のQRコード

論理エンジン勉強法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.ronriengine.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

論理エンジンのブログ