論理エンジン勉強法サイト。国語の成績をアップさせる論理的な勉強法が論理エンジンです。
論理エンジン勉強法 > > 作文が苦手な子の作文指導

作文が苦手な子の作文指導

「論理エンジン」のレベル29では
作文を書く講座があります。

それで国語の苦手な子は「作文」となると

「えー、作文か・・・・」

と大抵の子は苦手にしています。
最初はここでつまずく子が多かったのです。

それで最近は

「作文の苦手な子」

でも取り組みやすい方法でやっています。

ここでのポイントは2つです。

---------------------------------------------
ポイント1:答えを先に見せて、見本を写させる。
---------------------------------------------

以前の作文指導と最近の作文指導で大きく違うのが、

「全く書けなくなった子が増えた」

ということ。私も最初に高校入試の作文指導を
やったときは生徒に

・自分の希望
・将来の夢
・中学で学んだこと

などヒアリングしていって少しアドバイスをすると
すらすらと作文を書けた子が多かったのです。

ですが、最近は

 「じゃ書いて」

と言っても書けなくなった子が増えてきました。
実際に手が止まったまま

 「書けない」
 「うーん」

と本当に「全く」書けない子が多いのです。

ですから、

【ステップ1】
  最初にまずは模範解答の例を写す

【ステップ2】

  次にそれをヒントに書かせる

という2ステップで指導しています。

すると全く書けなかった子が
書けるようになります。

---------------------------------------------
ポイント2:1度に多くを求めない
---------------------------------------------

 次に添削するときに気をつけているのは
本当は作文指導でいろいろ注意すべきことがあるのですが、

あえてその注意を控えて1つとか2つに絞って
矯正するようにしています。
というのは、

「一度にたくさん言われてもできないから」

です。それよりも

「これだけは直して欲しい」

ことだけに注意していくとそれが直ってきます。
例えば、ここでは

「書き方の形式」

です。作文を書くのが苦手な子は

「書き方がわからない」

という子が多いので、
まずはその「書き方」をマスターしてもらうことだけ
を指導します。

書き方というと手紙でいうと

拝啓
時候の挨拶

みたいな感じですね。
比較的短い作文であっても書き方というのがあります。
例えば作文でいうと

<体験>このことから<意見>

という形です。

最初に<自分の体験>を持ってきて、
それに対して<自分の意見>を述べるという形を徹底して練習します。

もちろん中身も大切ですが、最初はこの形式を練習します。
この形が身についてはじめて次のステップに進みます。

添削指導の必要な方はこちらをクリックしてくださいね。


子育てに役立つ勉強法、最新情報はこちらから配信してます。

↓↓↓↓↓↓

*マークの項目は入力必須です。
氏名* 
メールアドレス* 

この記事のタグ

▲このページのトップへ

論理エンジントップ

携帯版のQRコード

論理エンジン勉強法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.ronriengine.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

論理エンジンのブログ