論理エンジン勉強法サイト。国語の成績をアップさせる論理的な勉強法が論理エンジンです。
論理エンジン勉強法 > > 偏差値アップの【秘密】

偏差値アップの【秘密】

さて、最近国語の申し込みをが増えているので
いろいろの質問がきています。

その質問のお話しますね。
実はその「質問」が成績をあげる【秘密】があるのです。

国語の勉強・・・・特に「読解」の勉強で大切なのが

「直し」

です。先日も会員さんから質問がありました。

「間違い直しはどうやってやったらいいのですか」

と。とても大切なので、その方法をお話しますね。

国語の成績がいつまでたっても上がらない子の特徴は、

「国語の問題を解いても間違い直しをしない」

という子です。

例えば、答え合わせも○付けをして
得点がよければ

「やったー。調子いい」

と喜び、得点が悪いと

「もうー。嫌。やる気がなくなった」

と勉強をなげてしまいます(笑)。

そんな勉強をしていて、

「成績が上がる」

と思いますか?

実は、大切なのは、「どう解いたのか?」という解き方なのです。
例えば、奈良で塾をやっていたとき

「高校3年生の子」

を指導したとき、こんなことがありました。
その子の成績は2カ月ぐらいで、国語の成績が

 偏差値 30台後半 → 50台

にアップした子がいました。丁度夏休みの時期です。

 もちろん、問題集も5冊を3回繰り返していました。
それで不思議に思うと思いますが、

「同じ問題集を3回解いて意味があるのか?」

ということですね。
で、なぜ3回も同じ問題を解いたのかというと、

「解き方を身につけさせるため」

です。国語はともすれば

「読書をすればいい」
「生まれながらのセンス」

と言われてあまり塾でも重要視されていません。
いえ、実は

「指導する側も解き方の公式を知らないので逃げている」

だけなのかもしれませんね。
で、その子の場合は、どうやったのかというと、

問題を解く時間  20分間
答え合わせの時間 40分間

という具合に、「直し」に非常に時間をかけていました。

具体的には、直しも次のステップやっています。

【ステップ1】「なぜその答えになったのか」→ まずは解き方を理解する
【ステップ2】 解き方が理解できたら、再度解いてみる
【ステップ3】 最期に他人に説明できるようにする
という直しだけでも3つのステップを踏んでいました。

特に「できた」という問題でも、私が

「それどうやって解いたの}

と質問をしててその解答に導いた理由と解き方を聞いていました。
最初の頃は、

「何となく・・・」

と答えていましたが、私が、

「そんなのダメだよ」

と説明を常に求めるようにしていました。
すると、その子は解いたあとも必死に

「なぜ、その答えになったのかの理由」
「どう解いたのか?」

を考えはじめたのです。
そして、解説を必死に読んで、常に

「解き方(解き方の公式)
を意識して、理由をつけるようになった」

のです。そうなると勉強している本人も楽しくなってきます。

自分でも解き方の公式を意識して、

「これはここに指示語があるから・・・」
「接続詞は前後の文を中心に読んで・・・」

と一人でブツブツいい始めました(笑)

そして、解けて答え合わせをしても
解説が納得できなかったら、
口の端に唾をためて

「先生ここは納得できません。」

と私に説明を求めてきました(笑)
もちろん、一度の説明でわからなかったら
何度も何度も説明を求めてきました。

そして、それをずっと何度も何度も繰り返しているうちに
手応えを感じていたのです。

「僕は接続詞の問題だけなら、早稲田の問題でも解ける」

と解き方を少しずつ身につけていったようです。

実際に自分が解き方がわかった問題では、
ほぼ

「100%」

合わせていました。そして、10月の模試では

偏差値を10以上アップ

させたのです。

大切なのは、

「解き方の公式を知る」こと。

そして、

「その公式が身に付くまで繰り返すこと」

です。それには、

「なぜそうなったのか?」

意識して解くことです。

「じゃ解き方はどうすればわかるの?」

というと今回は

「解き方の公式」を

「無料」

で手に入れることができます。
以下を参考にしてください。

国語の成績を【確実】にアップする方法


子育てに役立つ勉強法、最新情報はこちらから配信してます。

↓↓↓↓↓↓

*マークの項目は入力必須です。
氏名* 
メールアドレス* 

この記事のタグ

▲このページのトップへ

論理エンジントップ

携帯版のQRコード

論理エンジン勉強法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.ronriengine.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

論理エンジンのブログ