論理エンジン勉強法サイト。国語の成績をアップさせる論理的な勉強法が論理エンジンです。
論理エンジン勉強法 > > 高校入試と論理エンジン4

高校入試と論理エンジン4

読解問題は「論理エンジン」を使って解くのがいいですが、

「知識を問う」

問題は簡単な「テクニック」で解くことが可能です。

全国の高校入試問題を見ていると県によってバラツキがあるものの

「知識についての問題」

が当たり前のように出題されています。

「知識に関する問題」

などはそれほど労力をかけないで

「得点できる問題」

がたくさんありますのですぐに取りかかった方が
いいですね。「労力をかけないで」というのは
もちろん、

「全然勉強しなくてもいい」

という意味ではなく、

「30時間かける」→「2点アップ」

というのが

「10時間かける」→「2点アップ」

そんな感じです。

例えば。「知識」に関する問題でいうと

「文法問題」

でよくこんな問題が出題されます。

<<設問>>

「美術部員【の】描いた」の【の】について同じ用法のものを
次の1~4の中から1つ選んで、その番号を書きなさい。

1.桜【の】咲く公園
2.庭【の】植木
3.歩く【の】に疲れる
4.秋な【の】に暑い

(茨城県出題)

知っていれば

「ラッキー」

という感じですぐに得点になります。
特にこういった

「同じ用法のものを解きなさい」

とか

「1つだけ違うものを解きなさい」

という問題は多いです。

 ここで使う

【高校入試すぐに使える3つのテクニック】

の1つの中に

「別の言葉に置き換える」

というのがあります。大切なのでもう一度書きますと

「別の言葉に置き換える」

これを使うと簡単にわかります。
今回の問題では、

「の」を「が」に置き換えるのです。

以下のようです。

「美術部員【の】描いた」→「美術部員【が】描いた」

です。これは助詞で主格の「の」ですが、
詳しいことは理解できていなくも

「置き換える」

ということを知っていれば瞬間で使えます。
今回の問題では以下の通りです。


1.桜【の】咲く公園  →桜【が】咲く公園  ○
2.庭【の】植木    →庭【が】植木    ×
3.歩く【の】に疲れる →歩く【が】に疲れる ×
4.秋な【の】に暑い  →秋な【が】に暑い  ×

そうすると該当するのが

「1」

になります。こういうことを知っているとすぐに
得点アップできますのでこれを覚えておいてください。

すぐに使える入試のテクニック

「他の言葉に置き換える」

子育てに役立つ勉強法、最新情報はこちらから配信してます。

↓↓↓↓↓↓

*マークの項目は入力必須です。
氏名* 
メールアドレス* 

この記事のタグ

▲このページのトップへ

論理エンジントップ

携帯版のQRコード

論理エンジン勉強法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.ronriengine.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

論理エンジンのブログ